今度こそ止めるぞ!

「さあ、頑張ってみよう!」と強い意志を持って挑んでも、なかなか成功しない、出来ないのが「禁煙」です。

私も過去何度も挑戦し、そして何度も何度も失敗を重ねて来ました。家族には「今度こそ止めるぞ!」なんて何度も宣言しては、「またかよ…」「何度目だよw」「どうせまた失敗するんだから、最初からやらなきゃいいのに」などと辛辣な言葉を投げかけられ、その時点で禁煙する強い意志を挫かれているので、結局失敗するのです。(こうやって失敗の原因を他人のせいにするのも悪い癖です)

しかし、今の世の中は完全に嫌煙ブーム。自宅や自分の車の中以外で、気軽にタバコを吸える場所すらも無くなってきています。なんせ住んでいる地域によっては外で吸うと罰金になったりする地域もあり、また、ベランダでタバコを吸っていたら近隣住民に訴えられてしまうような世知辛い世の中になってしまいました。

そして何より、タバコの値段がどんどん上がっていき、小遣いで気軽に吸えるような金額では無くなってきてしまいました。

かなり痛い出費

昔子供のころ、オヤジのタバコを買いにお使いに行っていた(子供でも平気でタバコが買えたという時代、今考えると恐ろしいですよね)時のタバコ(確かセブンスターだったと思う)が180円くらいで、200円貰ってお釣りはお駄賃として貰えるので、お釣りでガムを買って帰るみたいな感じでした。自分がその時のオヤジと同じくらいの年齢になった今では、タバコ一箱440円。

ぶっちゃけ、小遣いの少ない冴えないおっさんにとって、1日一箱吸うとして、440円はかなり痛い。

440円 × 30日 = ¥13,200

会社で缶コーヒー2本飲んでも300円、昼飯に500円使うとしたら、1日会社行くだけで1200円以上使ってしまうという恐ろしいほどの出費。これじゃあ新聞も雑誌も買えないですよね。

しかも今後もタバコの値段はどんどん上がるでしょうから、ニコチン中毒で禁断症状が出るより、このままだと金欠で生活がままならない可能性も出てきます。

まぁ小遣いとかタバコ代とか気にせずに使えるようになるくらいまで稼げたら良いのですが、そうなること自体は多分禁煙するより難しいと思うので、ここはひとつ真剣に禁煙しようと考えています。

今回はどんな手段を使ってもタバコを止めるつもりなので、これは…と思うようなオカルトな手法から、流行りの保険適用の禁煙外来まで様々な方法を調べて、実践していきたいと考えています。私と同じようにタバコをやめたいと考えている方もぜひ参考にしてみてください。